神と天使の初対談

d0336159_20510874.jpg
5/28(日)WOWOWでperfumeスペシャルプログラムが放送されるのだが
今回、中田ヤスタカと対談が実現する。


天使ウオッチャーとしては過去10年以上の間、受信できる放送は
細かい朝の情報番組も含め、チェックしているが
perfumeが取り上げられる番組で、中田氏がビデオメッセージでの出演は
あるにはあるのだが、スタジオでしかも天使を目の前にしての対談は初である。
パヒュクラとしては、衝撃である。

そもそも音楽プロデューサーとしての中田氏は
作り手と歌い手の関係だけで、過去の映像でも、perfume自体にそれほど
興味が無そうにしか思えない発言が多く、対談なんて何を話すか
全く予想ができないのである。

天使達自体はテレビ放送は苦手な分野で、ライブのように自由きままに
しゃべる事もないが、それでも場数は踏んでいるのでそれなりにリードして
対談すると予想するが、さてさて中田氏が何を話すのか?
めちゃくちゃきになりますぞ!

# by coffee8ban | 2017-05-21 20:57 | P系 | Comments(0)

edge(Perfume)

d0336159_12493090.jpg
大した写真じゃないんですよ、
見ての通り、ついでに撮っただけですし
煙もさっぱりですし

しかし気になるんですよね

だんだん 好きになる 気になる 好きになる♪

# by coffee8ban | 2017-05-20 12:49 | やまぐち | Comments(1)

SEA IS A LADY 2017

鉄ネタでは無い、あしからず。

アパートに帰ってくると、郵便受けにAMAZONからなにやら届いている。
ん?何か頼んだ?? まったく覚えがない。
エレベーターで上がる際中にゴソゴソと開封
中にはコレが。

d0336159_19362058.jpg
ぽちっとした事さえ忘れておった。
そうそう、頼んでたコレ
角松敏生久々のインストアルバムである。
しかも、今流に初回限定盤みたいなものが用意されてて
ボーナストラックがある初期限定盤をたのんでおったのです。

角松敏生ってご存知ですか?
1980年代に耳の肥えたROCK、POPSファンの間で絶大な支持を得た
日本のAORの代表格と言っても過言ではない、ミュージシャンであります。
デビュー当時は、海とか夏とかのワードを駆使し、軽い楽曲でリゾート感を
演出した曲が多く、CITY POPSとか訳の判らんジャンルの雄でしたが
当時のレコード会社の意向で作成していた音楽から、自身の音楽的趣向であった
ダンス・ミュージックやニューヨークのミュージック・シーンで流行る最先端の
ファンクに傾倒していき、曲自体のテーマも夜の街に移り、リゾート感というより
AFTER 5のOLとか、明るいというよりけだるいというか隠微な内容になって
自身の実年齢に応じた内容の曲が中心になっていった。
演奏自体も本人が言っているのであるが、作りたがりの歌いたがりの弾きたがりで
尚且つ生演奏への拘りが凄く、自身のバンドも日本でも超のつく
一流ライブミュージシャンで構成されていた事もあり、耳の肥えたファンは
その演奏に魅了されたものです。

モチロン、ライブにも足繫く通っておりまして
当時付き合っていた彼女(今の嫁)も影響を受けファンクラブに入ったりもしました。
まーおかげで、ライブチケットは取りやすかったけど(笑)

でっ!アルバムの方に話を戻し
実はこのアルバムは30年前に同タイトルでリリースされておりました。

d0336159_19362506.jpg
1987年当時の SEA IS A LADY


構成はほぼそのままで
当時と違うミュージシャン(当時の角松バンドのキーマンであった浅野(ブッチャー)圭之(G)
青木智仁(B)は他界されております)でアレンジを変えた内容で、再収録されております。

当然、期待してますので聞きたいのですが、ココは赴任先
ショボいpcのスピーカーしかないので、pcに結構イイ値段のShureのヘッドホンで
当時の20代の気分に浸っておりますが、角松ファンも高齢化しておるので
というか、2年前に珍しく嫁がライブチケットを予約していて
イザ行ったのが奈良の春日大社で角松敏生奉納ライブであるが
まー参加している面々は明らかに高齢化しとる、40代、50代が中心で
後ろから見ると、綺麗なストレートロングの女性も前から見るとおばちゃんである。
ようは1980年代のナウなヤングがそのまま30年経った状態である。
しかし、音楽好きは当時と変わらないのであろう。
ワタシも気分はまだまだ20代でございます。

今年の夏は呉、江田島方面への出張の際はこのアルバムがマストですな(笑)

# by coffee8ban | 2017-05-12 20:41 | その他 | Comments(0)

今年のFFスペシャルゲスト

先ず、FFとはなんぞや
県民なら皆知ってる、広島フラワーフェスティバル という中四国最大のイベントです。
知らない?そりゃ無理もない
まー私も天使達が出演した事で知ったんですけどね。
詳しくは

でっ、そのFFは毎年スペシャルゲストが注目されておりまして
2011年は天使達  ※これは広島アクターズスクール時代のリベンジで彼女達からFFにオファーした。
2012年は奥田民生 ※広島続きにみえるがたまたま
2014年は一青窈
等々

今年は
八神純子である
かなりグラッと来ましたわ、撮影が無かったら絶対行ってたであろう
スペシャルゲストです。

もうねー
思いでは美しすぎてですよ、ポーラースターですよ
パープルタウンですよ、♪紫に煙る夜明けー ですよ
Mrブルーですよ、
若い時に歌番組でサンバホイッスルをバカみたに吹いていたアノ頃より
今の八神純子は怪しすぎる艶がでてますぞ、ほんとにいいですわ
ワタシ個人的に八神純子のビブラートは日本で三指にはいると、本気で思ってますから(笑)

今回はいけそうにないが、近所でliveがあれば是非行きたいもんです。


# by coffee8ban | 2017-04-25 23:19 | その他 | Comments(0)

行っておきたいと思ってた駅に行ってみた。

たまにテレビ等で"天空の駅"などとロマンチック呼ばれ方をしている。
中国地方の山間にある、三江線の宇都井駅である。
三江線もボロボロの大赤字状態で営業係数も880とJR西でトップの悪さ
乗降客数も1とか0の駅がゴロゴロの沿線からも関心を持たれていないような
路線である。
2017年度で廃止が決定したが広島県側の沿線は廃止反対の看板の1枚でもあるかと
おもいきや、そんなモンどこにもないのである。
詳しくはWikipedia 三江線にあるので、そちら見ていただきたい。
当初の思惑の陰陽連絡線の役割を担うには、地形的な事情もあるであろうが
江の川に寄り添って作られた事もあり、江津~三次が直線で60km足らず
のところ、三江線は100km超となってしまい、やたらと距離が延びてしまった
事と全通が1975年と遅すぎたことも重なり当初の思惑の陰陽連絡線の役割を
担う事もなく、長大ローカル線となってしまったのである。
ほどなく周辺の国道も整備され、沿線住民は鉄道より自家用車中心の移動となり
そうでなくても1975年であれば、何処の家にも車がある状態で、大きな町にでるにも
年々周辺の国道やら県道は便利になれば、普段使ってる自動車移動がドンドン便利になり
尚の事、鉄道を使う理由がなくなるというか、関心もなくなるのである。
ローカル線の廃止の報がある度に思う事があるが、そんな事ここに記してくと
思いが強すぎて、とんでも無く長い文章になってしまうので、ここらへんで
やめておくが、ヤバそうな沿線の若い人は鉄道には本当に無関心よ!
どこかに移動するにも、自家用車かバスで鉄道の選択肢がはなっからないですから

内容は元に戻り、宇都井駅のリポしたブログは沢山あるが、一度行きたかった駅である事から
撮影した写真を少し
都市部の桜は見ごろを過ぎた頃、ちょいと寄り道した宇都井駅の
ある集落は満開であった。
d0336159_18073792.jpg

宇都井駅ファーストコンタクト、たまたま列車がきたので大慌てでコンデジ撮影
高架のキハは宇都井駅に停車中である。

宇都井駅の周辺はこの写真のあたりに20~30件程度の民家があるだけである。
そして駅前に
d0336159_18145484.jpg
最初見た印象は
都市部によくあった、5階建て程度の団地の階段だけ残しました。
みたいな風貌である。
d0336159_18150194.jpg
ここだけ見ると、まんま団地の階段の上り口である。

ホームまではこの階段で20m上まで上がる必要がある。
見てのとおり、エレベーターみたいなモノはないのである。
バリアフリーもへったくれもないのである。
ローカル線利用と言えば、学生かお年寄りが主な利用者となるが
この駅はお年寄りにはあまりに過酷なのである。
d0336159_18150832.jpg
過酷な事もあり、踊り場毎に、あと○○段と
ともすれば、絶望的な数字が表示されているのである。

ゆずりあって、ゆっくりお進みください とあるが
ワタシの予想では、途中で力尽きてへたばってしまう人が多数と予測(笑)
d0336159_18284662.jpg
一番上の待合室まで到着
誰かこちらを見とる。
d0336159_18285542.jpg
と思ったら、ポスターでした。
6畳程度の待合室はよくある、駅ノートも完備
地元の小学生が作ったのか、沿線案内も掲示されている。
d0336159_18290438.jpg
時刻表は・・・・上下8本

d0336159_18291310.jpg
待合室から江津方向見ると
トンネルがおまちかね

d0336159_18292015.jpg
振り返って三次方面
眼下に集落の一部も見られる。
d0336159_18293668.jpg
ホームを三次方向の端まで行くと
トンネル・・・・

d0336159_18294559.jpg
その下は
こ、怖い!

d0336159_18295329.jpg
駅前にはバス停もあるが、三江線とにたような本数
d0336159_18300092.jpg
駅全景
d0336159_18300841.jpg
駅舎(?)部分
異様な建物である。
横にはしっかり宇都井駅とある。

機会があれば(たぶん無いが)駅前後の山から俯瞰したくなる衝動に駆られる。

ここから三次まで行くわけであるが、車で30分もかからない
三江線では1時間10分と車が使えるのであれば、当然車を利用する事もあり
ますます三江線の利用を遠ざけてるのである。

三次方面にトンネルを抜けると
d0336159_18301835.jpg
こんな感じの立派な橋もかかており、トワイライト瑞風なんて走ろうものなら
思わず俯瞰したくなるのである。
この鉄橋もそうだが、雄大なアンダートラスが所々あり、5両程度のキハがきたら
撮影したくなる。
どうもバスみたいな、キハ120では写欲が・・・・

沿線は江の川に沿っている事もある、これといった勾配も無いが
廃止前にSL走らせてくれませんかね、沿線はなかなかいいですぞ!

それと
三江線の記事ではコレが中々面白かったので
お暇なひとはどーぞ

# by coffee8ban | 2017-04-15 18:59 | その他 | Comments(0)