581系で唯一の非貫通型車両

あくまで、583系(581系)が衰退する前の話し
1980年代583系はそこらじゅうで大活躍しておりました。
特に関西は対九州夜行、昼行に北陸運用、九州内運用と
忙しく走り回っておりました。
583系の特徴である、あの顔
いままでの481系のボンネットスタイルから、分割併合が
できるよう貫通型とした、当時の特急電車の顔のスタンダード
になった月光型ですが、前文にもありますが
貫通型が大きな特徴で、583系の先頭車も全て貫通型でしたが
1両だけ、非貫通が存在したのです。
クハネ581-7 コレです。
d0336159_23322895.jpg















1982年 新大阪

判りますかな?
センターに前面扉が左右に開くように扉の合わせ目がありません。
尚且つ、その扉を支えるレールも扉下はありません。
(上はデザイン的に残ったみたいだが)
なんでも、踏切事故で前面を大破し、復旧の際に
前面扉を埋められたようで、この1両のみの存在でした。

583系の貫通扉って、扉の合わせ目からスキマ風が入り
乗務員からはめちゃくちゃ不評だったそうで
冬場にこの車両に当たればラッキーだったのでしょうかね?

583系が活躍したのも、1980年代初めまでで
その後、夜行でも、昼行でも中途半端な存在となり
半数以上の車両がローカル輸送用にに改造されるのでありました。
前面扉を埋められているだけのなんの変哲もないクハネ581-7
も翌年には戦力外通告を受け、改造待ちの為
二条に回送されるのでした。

d0336159_10240813.jpg















1983年10月2日 桂川にて 二条に向けての回送
ヨの次の車両がクハネ581-7

※この当時、桂川って駅はありません。桂川の土手から狙ったのです。
 向日町の次は西大路ですから,因みに向日町の大阪側は神足です。
                                   
未だ活躍している、東の583系は前面扉が開きそうそうな
外観ですが、貫通風になっているだけで
実際は完全に埋められ非貫通なんだそうです。
d0336159_23412600.jpg
















やたら雪の多いトコばっかり走っているので、乗務員対策
なんでしょうね

by coffee8ban | 2015-11-14 23:43 | 1980年代のモノクローム | Comments(0)