中華三脚は使えるのか?その1

俯瞰用に軽量三脚を導入した。
安い!軽い!ソコソコ使える!の3つを満たすべく
導入三脚の検討を始めたのは初夏の話

ハスキーを使っていると、これより軽くて長さのある三脚は
どう検討してもハスキーになってしまうのです。
このクラスでカーボン使っても、質量はハスキーと変わらんのです。

ハスキーがいかに軽量にできている(このクラスではですよ)か
改めて実感すると同時に、判ってはいたけど
今と同条件では無く、必要な目標値を設定して条件に合う候補の中から
選ぶ事にした。

<目標設定>
機材条件
・カメラは最大2台体制
・総機材重量は total:7kg/2台+レンズ
・あくまで山用、スローシャッターでは使わない。
※頭が重すぎてグラグラになるのは間違いないが、これは仕方なし

質量及び寸法
・質量
 現状(ハスキー4段)4.2kg+(クランプ+自由雲台)0.9kg=5.1kg
 であるため、ザックリ半分の2.5kg狙う。

・寸法:
 折り畳み寸法:機内持ち込み可能なスーツケースに入り、
        カメラリュックに装着しても安定のよさそうな、450mm以下 
 
 全高:ハスキーでの現状を考えると、3段までしか使用しない現場が7割程度
    ある事から、1100~1300程度とする。

 パイプ系:大きいに越したことはないため、最大径を狙う。
      φ28くらいか

 段数:全高と折り畳み寸法からすると4段程度になる。

 雲台:軽量化の為、3WAYはパスで2台体制を想定して
    並行プレートと自由雲台2台とし、三脚自体は脚のみとする。
 
 価格:安いに越した事はない!

----------------------------------
上記条件からの候補を上げると意外に少なく

・GITZO トラベラーGT0545T又はGT0542T だがパイプ径がφ21程度
中華三脚の
・SIRUI T-2204XカーボンかT-2004X(アルミ)
・BENRO C0180TB00 パイプ径φ21 と自由雲台付き

上記でSIRUIだけが、パイプ径φ28で積載重量も15kgとなっているが
メーカーの公称積載重量なんて全くあてにならんので眉唾モノなのだが

この中からスッと決めるなら、ほぼ無条件でGITZOとなるが
価格が高過ぎる事もあるのと、webで調べると
SIRUIの評判が良く、尚且つGITZOの1/3の価格も大きな魅力となり
当初は候補に入れなかった中華制三脚が気になりだしてしまい
ここは自腹でテストしてやろうじゃねーか!というチャレンジングな思いもアリ

なんと
SIRUI T-2204X カーボンを導入する事にするのでした。

ただこの決定は2ヶ月程度ジックリ検討しての結果なのです。
それもこれも、仕様決めの段階でやっぱりハスキーが良く
セミショート4段雲台無しとか、3段雲台無しとかにどうしても
気になり、現状のままで行こうかと悶々と考え
当初考えてた目標設定値を下げての検討でSIRUIになった経緯があるのです。
この手はホンマ難しい!
車の買い替えなんて、パッとディーラーに入って2時間程度で試乗もせんときめてしまうのに(笑)

そしてそして、どうせ安く買うならトコトン安くすべく
並行輸入品を密林サイトでポチッ!

そして、クロネコが運んできたのがコレです。
d0336159_21240307.jpg
d0336159_21310624.jpg
並行輸入なので、中国語の表記が(読めん)

d0336159_21310616.jpg
ハコから出すと、ケースに入った状態で袋に入っている。

d0336159_21310600.jpg
このあたりが、中華クオリティ
乾燥材が爆発して中で飛びでてる。

d0336159_21310638.jpg
ケースはクッション性ありで使えそう。

d0336159_21310694.jpg
ケースの裏にはポケット付きだが
ジッパーが・・・・・
流石中華クオリティ(この後治りましたが)

d0336159_21310650.jpg
内容物はこれ
ケース、三脚本体、ストラップ(ケースにも三脚にも取り付け可能)
短いセンターポールと取説&保証書と六角レンチ
d0336159_21310678.jpg
六角レンチが入っているという事は、緩んだら締めなさいって事ですな
合格証って入っているが、これは入れてるだけです。
ケースのジッパーは検査したのか?
取説も入っているが読めん!
しかし写真と漢字があるので、何となくわかる(笑)

d0336159_21453493.jpg
脚は反対向きにたたまれており、くるっと反転すると
写真にように正しい形になる。

d0336159_21453400.jpg
なんか変なシールが貼ってある
キョンシーの顔に貼ってあるお札みたいなのでスグに剥がす
d0336159_21453591.jpg
取付部は太ネジがデフォ
丸い部分を外し、ネジ部分を逆さにすると細ネジになる。

ぱっと見た感じGITZOトラベラーのパクリですな
パクリもちゃんと形だけはしっかりパクッているので、変な水準器とか訳の判らん機能がついていないのが
まだ救いかと(笑)

あと
中華製で気になるのが、ネジの精度と材質
各部回してみたが、今のところは問題なし
ただ、ネジの鍍金はだめやろーなー中華鍍金は被膜が薄いのと鍍金槽の不純物を取り除いていない事
が多く、よく腐食するんだよなー
ただ、これは一見被膜がソコソコあるように見える。
これは長期TESTになるだろうから、そのうち判る。

今回はここまで
これは実践編まで、レポートしようと考えている。

やっぱりハスキーがエエわー  というか
これで十分というか
さてどうなるやら

by coffee8ban | 2016-09-15 23:30 | 写真機材 | Comments(0)