中華三脚は使えるのか?その2

各部を動かしたり、バラしたりしてみた。
先ず、最短での折り畳み状態
d0336159_20395031.jpg
これで400mm程
脚は反対向きになっている状態

d0336159_20395638.jpg
脚はこの様に反転する。

d0336159_20400169.jpg
脚3本を反転させると、正しい状態になる。




d0336159_21111776.jpg


雲台取り付け部は太ネジ(3/8inc)状態で出荷されている。
雲台取り付け部を外すと

d0336159_21112385.jpg
逆側に細ネジ(1/4inc)があり
d0336159_20453599.jpg
逆に取り付けると細ネジとなる。


d0336159_20454283.jpg
雲台を取り付けるポールの下側は引っ掛け金具がついている。


d0336159_20454925.jpg
金具はバネで収納されています。
ちょっととした事ですが親切な機能
ネジはメートルネジのようだ(M8かな)

d0336159_20455543.jpg
センターポールのロックナットを外した本体部分
本体はアルミダイカストを切削したモノではなく、アルミ無垢からの切削加工のようだ
角部はR1~2程度付ければよさそうなものだが、刃物先端程度?のわずかなRのみ
必要がないのか軽量化の為かは不明
ハスキーの本体なんかはあまり綺麗とはいえないアルミダイカストを切削加工している
gitzoの最近の三脚の本体は応力解析やってるんかどうかしらんが、ダイカストでリブが入った
モデルがありますな。
d0336159_20460484.jpg
裏面より
下地も綺麗に仕上げられている。
アルマイトの耐久性は?
これは使っていくと判る。
少なくとも生地は透けていない。
d0336159_20461291.jpg
脚の開き方は2段階で調整可能
これは標準
d0336159_20461810.jpg
これは大股開きというかローポジション

d0336159_20462425.jpg
d0336159_20462936.jpg
石突はクルクル回すと、スパイクが出てくる。
d0336159_20463310.jpg
脚部分
カーボン8層との事だが、数え方がイマイチワカラン。


d0336159_20463807.jpg
カーボン自体にネジが切れないので、ネジ部はアルミ製のアタッチが組み込まれている。

d0336159_20464385.jpg
抜け止めもカーボン製?

d0336159_20464938.jpg
今回の三脚の為に用意した、梅本製作所製の自由雲台を取付
d0336159_20465536.jpg
d0336159_20470304.jpg
機内持ち込みサイズのスーツケース(RIMOWA TOPAS 35L)にも入る。
ケースに入れてもケースごと入る。
三脚は機内持ち込みアリでしたよね

次は撮影でもしてみるか

Commented by N部 at 2016-09-17 20:08 x
ここまでコピペされると感動物ですね(笑)
Commented by coffee8ban at 2016-09-28 20:22
> N部さん
良く似てます。
どれくらい似てるか、次回比較内容を記事にしましょう(笑)
by coffee8ban | 2016-09-16 19:29 | 写真機材 | Comments(2)

鉄やその他色々


by coffee8ban
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31