予定外

そんなつもりは無かったが、仕方無く買い替えしてしまった
コレ↓

d0336159_19203931.jpg
前のレンズは約9年間使ったが、メンテの見積もりがトンでもない金額になった事もあり
仕方無く更新する事になった。

前のレンズと今回のレンズは
焦点距離:同じ
明るさ:同じ
重量:重くなる
大きさ:大きくなる
フィルター径:大きくなる

肝心に写りは、旧型をドナドナして更新した事もあり
比較のしようがないが
アパート近所の外国人のめちゃくちゃ多い公園やら、保存SLをテスト撮影したが
開放でもカリッと感が増した印象
ただ、wide端の画面の端はやや流れ気味
旧型もそうであったが、二線ボケとかの不自然な事は感じられない。
言い方が悪いが、さほど感動は無し
こんなもんでしょう
d0336159_19482856.jpg

四隅のUP
d0336159_19500433.jpg
開放で撮影24mm
正直気に入らんのですけど、ニコンに送っても「公差の範囲内です!」ていわれるのがオチ
右上なんて色収差のでそうな場面であるが、無いね殆ど


d0336159_19554891.jpg
これも開放
カリッとしてるね

写りについては特段、これ以上触れないが
難儀なのがフィルター径

ニコンって長らく52mmと77mmで統一(厳密な意味での統一ではないが、出来るだけ配慮してたようだ)
していたが、今回のレンズは77mmでは無く82mm

今回これが難儀した
デジタルになってから、フィルターもC-PL位しか使わず
主力レンズは77mmであった為、1枚のフィルターで事が済んだが
今回、従来より大きい82mmになったものだから、追加で必要になる痛すぎる
出費となる。

小さければステップアップリングでかわす事ができるが
大きいものは大きいフィルターを入れるしかない。

今回の更新では、全てのレンズから取り去った保護フィルターが
このレンズにお試しで復活
モチロン ニコンのアノフィルターであるが↓

d0336159_19205707.jpg
最近内面反射を抑えたゴースト対策及びフッ素コート、強度UP等をアピールしたフィルターが
各社から発売されてるが、これがエライ高価(泣)
フィルター径が大きくなればなるほど、価格も右肩上がりで、費用がかかって仕方がない
まさか、まさかの保護フィルターにこの金額かー?!

どれくらい高いかを見る為に
各社の最高峰保護フィルターの価格を表にした
d0336159_20105178.jpg
どうですか?
77mmと82mmの差
実勢価格3500円も違います(ニコンの場合)
因みに、各社売りのフィルターなんで、8掛強での販売ですね(強気です)

そこにC-PLを購入せんとアカンのでこちらも表にしてみた。

d0336159_20105737.jpg
マストは1EV明るいケンコーのZeta EX でこれ以上も以下も考えてなかったが
上級機種のQuint 82mmって驚異の28000円
もうフィルターの価格じゃありませんな!
明るいC-PLを使うと、もう従来のC-PLに戻れず
webで調べまくって、随分安いのを手に入れる事になったが
それにしても77mmと82mmの差はでかすぎますな

という訳ででこれも追加導入↓

d0336159_19204936.jpg

もうねー
金かかってしゃーないよ(泣泣泣)

# by coffee8ban | 2017-08-20 20:23 | 写真機材 | Comments(0)

vault

久々の新型客車に沸くやまぐち号
新山口を拠点に山口線、山陽本線で試運転を行っていますが
山陽本線試運転ではキヤ143も登場して、風光明媚な瀬戸内沿いを走行したのですが
このキヤ143 
形式こそ気動車扱いですが、見た目は機関車!(に私は見える)

DL=凸車体のイメージなんですね
ディーゼル機関車=DLはDD13~DD51~DE10で大量に凸型DLが生産された事により
DL=凸のイメージが定着して、箱型は今でこそ赤熊が活躍していますが
DLの黎明期に登場したDF50とか,色々やってしまったDD54のイメージがあり、特にDF50は最後の活躍をした
四国には足繁く通ったものです。

そーいえば
11年前にも箱型DLが客車を牽引していて、磐越西線沿線にマニアが殺到した列車がありました。
このブログを閲覧している、あなたも行かれたのでは?

そうです。
快速DD53ばんえつ物語です。
撮影に行った人はよくご存じでしょうが、どこもパニック状態
上りの喜多方の築堤なんか200人とも300人とも言わる人数のマニアが集まりました。
なかには怪情報もあり
追っかけのマニアが交通事故を起こし死亡したとも(同時の現地のうわさで真相は知りません)

ワタシもこれに参戦したので、この時の画像を
しかしDD53ってなんか跳び箱に見えて仕方ないのはワタシだけ?
※タイトルのvaultは跳び箱の意味です。



相変わらず画像は右が切れます。
画像をクリック
d0336159_11075752.jpg
野沢にて
DD53ファーストコンタクト
当日に501Mで新津着、そのままレンタカーでここへ直行


d0336159_11080526.jpg
追っかけで電化区間正面UP(適当だったので何処か覚えていない)
跳び箱に見えるんだよ、こうみると


d0336159_11081218.jpg
200人とも300人とも言われた、喜多方の築堤
上りは日が当たるのはこの辺りまでで、これ以降は日の入りとなったので
架線の無いこのポイントに殺到

d0336159_11081997.jpg
津川でバカ停があったので
無謀にも駅で夜間撮影
この頃はナノクリなんてレンズはないので
ゴーストにフレア、地縛霊に浮遊霊、守護霊、怨霊にオーブ
なんでもかんでも写ってますwww


次の日も当然参戦するが、只見線にも臨があったので掛け持ちで撮影

d0336159_11083045.jpg
馬下付近(だったかな?)


d0336159_11355681.jpg
200人とも300人とも言われた喜多方の築堤の一部
ここの場所の人口密度ってwww
ここが集中しているだけで、実はそこらじゅうにマニアがいてます。
反対側は逆光になるが、こちらも凄まじい数のマニアがwww

以前掲載したコレ↓もDD53ばんものです

こんあ感じです。

# by coffee8ban | 2017-08-19 11:40 | 磐越西線 | Comments(0)
いつものように全開手放し絶賛モードです。

一家に一枚、一人一枚で常備するCDです(笑)

d0336159_10295711.jpg


d0336159_10300323.jpg
ご購入はこちらから


# by coffee8ban | 2017-08-19 11:39 | P系 | Comments(0)
この撮影に挑むべく、綿密に計画を立てた
57週4回 51の週4回の計8回のtest runが予定されていたが
57週については春の時点で予定が入っており
社用で別の場所にいる為、参戦不可

そして51の週に1日のみ代休で参戦する事に

火曜の晩に広のアパートを出発
現地最寄りのインターに0時少し出て仮眠の為、道の駅へ

お馴染みの道の駅は平日とは思えない台数の車が
その殆どは同業者、中には毎度おなじみの車もちらほら

ACを効かせたかったので、道の駅では周りに迷惑がかかると
少し外れた県道の脇に移動して仮眠をとる事に

AM3:30起床で2時間程度は寝れそうである。
タイマーをセットし、くつろぎにくいシートでしばし仮眠
この時点で撮影場所をどこにするかは決めていなかった
候補は伐採、大引越、ガケ展あたり
起きて様子を見て決めようとしていた・・・・・この時点までは


AM3:30に起床のアラーム
スグに止め、真っ暗の外を眺めていると、頭の中も真っ暗に
少し明るくなり、我に返る
そのまま寝てしまったようだ
時計に目をやると
AM5:15 !!!!!

ギエーェェェェェェーーーーー
やってもうたーーーーー
という事で、大引越以外は時間的に厳しいし
その大引越もポールの位置の関係で撮るとこが限られてしまう。

作戦は大幅変更、今から間に合う場所は
脚立、カメ1台でなんとかなるとこ
という事でココです。

d0336159_18420916.jpg

d0336159_18422661.jpg
d0336159_18425007.jpg
カメラ1台、手持ちのなせる技
ズームで引っ張る!引っ張る!

こんなとこで撮ると、定番追いかけコースとなる。

しかも楽に追いつくココで撮影

d0336159_18453835.jpg
d0336159_18454636.jpg
煙はこちら側に倒れる悲劇


そして
ココでしょう

d0336159_18455709.jpg
d0336159_18513656.jpg
縦上がりしまへんなー

白線入りのオロテが後ろにくる、津和野行きがSLとの一体感があっていいですね
カマ次位も合造車ぽいっし
ダブルルーフ風もいいです

つづく

# by coffee8ban | 2017-07-26 18:56 | やまぐち | Comments(4)

d0336159_21002122.jpg
すげー
ビビった
昔のフォーカスリングにゴムが無い時代のNIKKORまんま
cpu内蔵でデジカメでもok

1990年代後半に結局購入しなかったが
お散歩カメラでVoigtländer Bessa(レンジファインダー)を検討した事があった
その後、あれよあれよとデジカメに移行してフィルムカメラはF5を最後に
デジタルのD2Xを導入、その後レンジファインダーカメラは検討する事も関心もなくなった

一度は購入を検討したVoigtländerはデジカメを発表する事無く、フェードアウトしたかと思ったが
レンズをつくりつづけてるのですね。

ニコンDfのようなコンセプトで F2(ワタシはフォトミックAの外観が好き)に似せたDf2が発売されるとしたら
このようなレンズを付けるとかっこいいかもです。

# by coffee8ban | 2017-07-15 21:28 | 写真機材 | Comments(0)

鉄やその他色々


by coffee8ban
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31