カテゴリ:写真機材( 25 )

カメラマニアの用語はよくワカラン

カメラマニアの用語で特にレンズに関しての用語は
何を言っているのかワカラン事がある。

いつしか、サンニッパなる言葉がでてきて
たしか2000年より以前から聞いた事があり、
超望遠の略称(?)でヨンニッパ、ゴーヨン、ロクヨン等の
焦点距離と解放値を組み合わせた言葉はあるにはあったが
いつの頃か大三元なる言葉もでてきた
この言葉を初めて耳にしたというか、記事で読んだのは
2008年の夏で
西暦まできっちり覚えているのは、頭の病気で長期入院した時に
相当な暇を持て余していた私に、嫁が週刊誌やら、月刊誌、鉄道雑誌
買ってきてくれて、その中のデジタルカメラマガジンで初めて
大三元なる略語というか、マニア用語を知ったのである。
広角、標準、望遠の2.8通しレンズの3本をこのような言葉であらわし
F4通しでの組み合わせは小三元ともいうらしい
(ここを閲覧している皆様はご存じでしょうが)
いまやこの大三元という言葉はメーカーも使うようになって
ニコンのHPでも使われるようになったくらい当たり前の用語になったらしい

ところがである
価格コムの口コミなんかみてると
ナナニッパなる言葉が登場していて、ふつーにこの言葉の意味するのは
700mm f2.8となるが、こんなモン発売されている訳でもなし
もしこんなとんでもレンズがあるとすれば、長さがフード含み1m以上
口径は250mm程度になるから、とんでもレンズで持ち運び不可能となるのだが
じつはナナニッパとは 70-200 f2.8 の事で,若いカメラマニア憧れのレンズを
焦点距離の下と開放値をとってナナニッパと親しみを込めて使っているらしいのだが
なんでも親しみを込めてこのような言葉を使いたくなるのは判らないでもないが
あまりこのような言葉が氾濫すると、何がなんだかわけがわからなくなる。



ハッキリいってよくワカランというのがオッサンカメラ使いの意見です。
あんまり新しい言葉を開発しないでー ついていけないから(笑)

by coffee8ban | 2017-03-12 22:36 | 写真機材 | Comments(0)

新旧比較2(ご参考)の切り出し

70mm比較 左下と中央の比較

d0336159_17271794.jpg



d0336159_17270393.jpg

判りにくいなー
原版なら新の方がシャープ 特に端は
中央も差が出てる。

by coffee8ban | 2017-01-15 17:27 | 写真機材 | Comments(0)

珍しく広島に雪が積もる

広島中心部に雪が降る事はあるのはあるだが、積るのは珍しく
早起きして、広電ウオッチしてきた。
d0336159_11413558.jpg
アパートから歩いて2分程の電停
この手は早くいかないと、車道側の雪が汚くなってしまう。

d0336159_11413514.jpg
相生橋
奥のビルはおりづるタワー 最上階の展望室は1700円の入場料がかかるので
未だ行った事が無い。
d0336159_11413578.jpg
相生橋から原爆D


d0336159_11413401.jpg
紙屋町界隈

d0336159_11415018.jpg
旧日本銀行広島支店前(袋町電停)
ここまで、新しい路面電車しか出会わず
この日初めて元京都市電と出会う。

d0336159_11414950.jpg
袋町から本通を望む

d0336159_11415020.jpg
原爆Dバックで

道路の雪も汚くなってきたので、ここまででアジトに帰宅
こんな感じの朝でした。

by coffee8ban | 2017-01-15 11:50 | 写真機材 | Comments(0)

新旧比較2(ご参考)

近所の公園にある、建物を撮影
フォーマットはFX 70mm開放(2.8)で露出、感度、色温度を合わせて撮影しております。
リサイズしているので、判りにくいですが新型はセンターもシャープ
周辺もキレありです。


d0336159_19575010.jpg


d0336159_20005473.jpg
暇見つけて切り出ししてみます。


by coffee8ban | 2017-01-12 20:01 | 写真機材 | Comments(0)

新旧比較

※品番やらメーカー名を書くと閲覧数が増えるので、ふわっと書きますので
 悟ってください。(ニ○ン使いなら判ると思います。)
----------------------------------------------------------------------------

ニ○ン待望の蛍石採用の望遠ズームが発売されたのは、2016年の11月の事
蛍石という単語のみでグッときていたのと、使用頻度の高い望遠ズームは
メーカーも意識している為、定期的に更新され又性能も当然良くなる事から
2017年の春までには更新しておきたかった。

価格は発売直後は定価の最安8.1掛け、平均8.3掛けで推移
当面これが維持されるかとおもいきや、あれよあれよと下がり
想定の少し上の最安7.1掛けまで下がった為、品薄で争奪戦になる前に
さっさと導入したのである。

いつものようにレンズチェックするのであるが、とりあえず
アパートでできる範囲のテストを実施

ざっとテストしてみての感想は
惜しい! もうちょい! って感じです。

中心画質がいいのは当たり前ですので、周辺画質をメインに比較してみました。
比較対象は今でも併売している、VRⅡとの比較です。

正直初めは目を疑ったというか、VRⅡがあまりにもダメダメで撮り直しして
それでもダメダメなので、片ボケでも起きてるのかと疑ったが
WEB上での周辺比較の画像を見ても同じような傾向にあるので、今回の比較画像を
そのまま掲載します。

新型に対しての旧型VRⅡは2015年の冬にメーカーで再調整済の個体で
カメラはD4s 
被写体までの距離は1.5mでISO200で撮影
全体画像で左と右で露出差と色温度差がでているが、左はダーク系扉で反射率25%以下で右がホワイト系扉で反射率70%以上
左側から見えない位置にベース光源(IL(DL)60形3000k相当)以外のサブ光源(FL20形5000k相当)があるため
露出差及び色温度差がでています。
色温度は3000Kと5000Kのミックスである為、カメラ任せのAWにしております。
見たいのは周辺解像度である為、ここにはあまりこだわっていません。

とりあえずwide端での比較
d0336159_18451141.jpg

FL 70mm f2.8

d0336159_18453816.jpg
VRⅡ 70mm f2.8

ブログ掲載の上で画像圧縮せざる得ないので、これだけではなんの事かよくわからないので
センターと周辺の画像を拡大してみた。

d0336159_20250737.jpg
70mm センター部分の拡大
左がFL右がVRⅡ

d0336159_20261325.jpg
右下


d0336159_20281632.jpg
右上

d0336159_20284671.jpg
左下


d0336159_20301922.jpg
左上


どうでしょうか?
あくまで、手持ち機材での比較です。
VRⅡの周辺画質ですが、ニ○ンから調整直後の画像も見ましたが、似たり寄ったりの解像度である事から
ほぼほぼVRⅡの実力と思われます。


FLは1段絞るとソコソコいけそうな感じではないでしょうか?
2段絞ると、単焦点並みになるのかなっていう感じです。

フィルム時代の80-200f2.8、VR初期モデル、VRⅡ、FLと進化してきたが
フィルム時代の80-200はそもそもwide端開放では中心以外は解像しないわ、周辺光量落ちは激しいわ
VR初期モデルは少しは解像するようになったが、周辺光量落ちは相変わらず
VRⅡで周辺光量落ちは改善され、VR初期モデルより解像したが1段以上絞らないとダメとかあったが
ようやっとここにきて、開放で少しトリミングするか1段絞るかでソコソコ使えるレンズになったようである。
導入して初日に考えたのが、やっぱり型遅れでも単焦点レンズ3本揃えか?
6~7年後に発売されるかもしれない、新70-200に期待しましょ(笑)

ところで、こんな四隅が気になるかって?
気になる!
日の丸写真ばかり撮ってるわけではないので、隅は気になるのであります。

また近いうちに近所の公園で試し撮りしてくるので、後日UPします。

by coffee8ban | 2017-01-08 20:59 | 写真機材 | Comments(2)

スーパームーンの次の次の日(笑)

スーパームーン当日は雨
撮影したかったが、雨なら仕方なし
という事で、いずれチャンスがあれば月でもと思ってみたが
次の次の日にたまたまベランダにでたら、ソコにあるので
撮影してみた。
d0336159_20262165.jpg
D500
+
AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR
+
AF-S TELECONVERTER TC-20E III

換算1500mm

評価はおまかせします。

今やお手軽に超望遠の世界が楽しめるのには驚きですね。

換算1500mmですよ!
まもなく2000mm

2000mmと言えば、その昔nikonから出てたんですよね
ミラーレンズですけど
その異様な大きさから、使い道は?と疑問がでてくるようなレンズですが
有名なスクープ写真がこのレンズで撮影されています。
d0336159_20493250.jpg
d0336159_20493759.jpg
フライデー時代の不肖宮嶋こと宮嶋茂樹氏とその盟友大倉乾吾氏による
東京拘置所に収監されている麻原彰晃をもちろん敷地外から撮影した
この写真がニコンの2000mmでの撮影だそうです。
※宮嶋本人著書の文中に
 ニコンからレンタルした2000mmと記載がある。
 
撮影自体も警察が絶えず巡回しており、カモフラージュの上
交代でファインダーを見ながら何日もかけてモノにしたそうな

この写真撮影後に東京拘置所は外部から絶対見えないように改修されたそうですが

ひと昔前の2000mmは何れにせよ特殊です

しかし時代も変わり、その当時と比べると安価でお手軽に1000mm超の望遠が
使えるとは・・・・

by coffee8ban | 2016-11-17 21:37 | 写真機材 | Comments(0)

静観中

このブログを閲覧されている方は、様々な方向にアンテナを張り巡らしているので
すでにご存じでしょうが
ニコンユーザー待望の・・・というか製品のモデルチェンジの周期というべきか
鉄のメインレンズである70-200 f2.8が新しくなって発売される。

AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR   
2016年11月11日 希望小売価格:359,100円(税抜 332,500円)
d0336159_09533156.jpg
モデチェン前の70-200が2009年11月発売であるため
モデチェンのサイクルにはちょうどいい位であったが
ワタシャ来年の春位に勝手に予想していたので、
お~お 早っ!とおもった次第である。

内容はというと、ザクッと蛍石採用の新規工学系と電磁絞り化、防塵坊滴、手振れのバージョンアップ
ってトコですかな

ただ、このメインレンズの70-200 2.8であるが
腕が悪いのか、目が悪いのか、頭が悪いのか、ハズレ個体にしか巡り合わないのか
とにかく、満足しないのである。

モデルチェンジしました→導入する→test撮影する
確かに前よりは良くなっているが、ココがなーって不満点が必ずある。
実際に撮影するとさらにアラが見えてくる!
毎回コレの繰り返しである。

一時期はフィルム時代にやっていた、各焦点距離の単焦点レンズ揃える事も考えたが
85、105、135、180の各焦点距離が必要なのと、当然それなりの重量とスペースが必要になる。
それと、最近発売された単焦点レンズは価格が高い!
やはり、妥協点としてズームレンズとなってしまう。

そのズームレンズも今や明るい2.8がスタンダードになったむきもあるが
今年、衝動買いした200-500 5.6を使いだしてから
明るいレンズにこだわらなくても、いいんじゃない!
重いし、高いし!って無理に理由を見つけ勝手に納得していたが
そんなこんなで70-200 f4もいいかなって、検討しだしたところに
当レンズの発売予告である。

そそるのがFLである
最近のnikon lensはいままでEDレンズ一辺倒だった特殊低分散ガラスに
canonの特殊低分散ガラスの代名詞にもなっているFLを組み合わせたところである。
どれくらい変わるものであるのか大変興味がある。

FL=フローライト という言葉にはグッとくるものがあって
1975年の鉄道ファンに当時発売されたばかりの
FD L300mmF2.8S.S.C.フローライトのインプレッション(諸川久氏による)が掲載していたのである。
内容は函南だったか、小田原だったか、そのあたりのブルトレの駅撮りであったが
そのインプレ内容とかではなく、フローライトという聞いたことも無い単語がでてきて
フローライト=高性能レンズ という図式が出来上がってしまったのである(単純です、ハイ)

その後、Nikon F2を導入とともにcanonシステムと決別しnikonシステム移行してから
特殊低分散ガラスと言えばEDレンズとなったが、当時はそんなレンズは1本も持っていなかった(笑)
nikonシステムを30数年も使い続けていると、意識していなくてもEDレンズがあふれかえる事になるが
ここにきて、昔グッときたフローライト採用のレンズの登場である。

とにもかくにも撮ってみないとED&FLの組み合わせがどうなるのかわからないが
30万近くするレンズをポンポンと買う財力も無いので静観をきめているのである。

が、しかし気になる。
価格コムをみると
nikonのプレス発表の数時間後にはカメラにキタムラで29,0870円の最安を付けたが
そこから、各社その価格に追従したままで最安は変わらないままである。

発売直後にはプロ&ハイアマの争奪戦になる事も考えられるが
どこまで価格が下がるやら、また肝心の写りはどうなのか?

買った人は教えてね

by coffee8ban | 2016-11-06 11:05 | 写真機材 | Comments(0)

中華三脚は使えるのか?その3

GITZO トラベラーとSIRUI 2204x比較
※適当に撮ったので、しょうもないトコにツッコミは無しで

d0336159_19530927.jpg
d0336159_19530924.jpg
d0336159_19530972.jpg

d0336159_19530958.jpg

d0336159_19530984.jpg
多少違いがあるが、似てるな


by coffee8ban | 2016-10-04 20:00 | 写真機材 | Comments(0)

中華三脚は使えるのか?その2

各部を動かしたり、バラしたりしてみた。
先ず、最短での折り畳み状態
d0336159_20395031.jpg
これで400mm程
脚は反対向きになっている状態

d0336159_20395638.jpg
脚はこの様に反転する。

d0336159_20400169.jpg
脚3本を反転させると、正しい状態になる。




d0336159_21111776.jpg


雲台取り付け部は太ネジ(3/8inc)状態で出荷されている。
雲台取り付け部を外すと

d0336159_21112385.jpg
逆側に細ネジ(1/4inc)があり
d0336159_20453599.jpg
逆に取り付けると細ネジとなる。


d0336159_20454283.jpg
雲台を取り付けるポールの下側は引っ掛け金具がついている。


d0336159_20454925.jpg
金具はバネで収納されています。
ちょっととした事ですが親切な機能
ネジはメートルネジのようだ(M8かな)

d0336159_20455543.jpg
センターポールのロックナットを外した本体部分
本体はアルミダイカストを切削したモノではなく、アルミ無垢からの切削加工のようだ
角部はR1~2程度付ければよさそうなものだが、刃物先端程度?のわずかなRのみ
必要がないのか軽量化の為かは不明
ハスキーの本体なんかはあまり綺麗とはいえないアルミダイカストを切削加工している
gitzoの最近の三脚の本体は応力解析やってるんかどうかしらんが、ダイカストでリブが入った
モデルがありますな。
d0336159_20460484.jpg
裏面より
下地も綺麗に仕上げられている。
アルマイトの耐久性は?
これは使っていくと判る。
少なくとも生地は透けていない。
d0336159_20461291.jpg
脚の開き方は2段階で調整可能
これは標準
d0336159_20461810.jpg
これは大股開きというかローポジション

d0336159_20462425.jpg
d0336159_20462936.jpg
石突はクルクル回すと、スパイクが出てくる。
d0336159_20463310.jpg
脚部分
カーボン8層との事だが、数え方がイマイチワカラン。


d0336159_20463807.jpg
カーボン自体にネジが切れないので、ネジ部はアルミ製のアタッチが組み込まれている。

d0336159_20464385.jpg
抜け止めもカーボン製?

d0336159_20464938.jpg
今回の三脚の為に用意した、梅本製作所製の自由雲台を取付
d0336159_20465536.jpg
d0336159_20470304.jpg
機内持ち込みサイズのスーツケース(RIMOWA TOPAS 35L)にも入る。
ケースに入れてもケースごと入る。
三脚は機内持ち込みアリでしたよね

次は撮影でもしてみるか

by coffee8ban | 2016-09-16 19:29 | 写真機材 | Comments(2)

中華三脚は使えるのか?その1

俯瞰用に軽量三脚を導入した。
安い!軽い!ソコソコ使える!の3つを満たすべく
導入三脚の検討を始めたのは初夏の話

ハスキーを使っていると、これより軽くて長さのある三脚は
どう検討してもハスキーになってしまうのです。
このクラスでカーボン使っても、質量はハスキーと変わらんのです。

ハスキーがいかに軽量にできている(このクラスではですよ)か
改めて実感すると同時に、判ってはいたけど
今と同条件では無く、必要な目標値を設定して条件に合う候補の中から
選ぶ事にした。

<目標設定>
機材条件
・カメラは最大2台体制
・総機材重量は total:7kg/2台+レンズ
・あくまで山用、スローシャッターでは使わない。
※頭が重すぎてグラグラになるのは間違いないが、これは仕方なし

質量及び寸法
・質量
 現状(ハスキー4段)4.2kg+(クランプ+自由雲台)0.9kg=5.1kg
 であるため、ザックリ半分の2.5kg狙う。

・寸法:
 折り畳み寸法:機内持ち込み可能なスーツケースに入り、
        カメラリュックに装着しても安定のよさそうな、450mm以下 
 
 全高:ハスキーでの現状を考えると、3段までしか使用しない現場が7割程度
    ある事から、1100~1300程度とする。

 パイプ系:大きいに越したことはないため、最大径を狙う。
      φ28くらいか

 段数:全高と折り畳み寸法からすると4段程度になる。

 雲台:軽量化の為、3WAYはパスで2台体制を想定して
    並行プレートと自由雲台2台とし、三脚自体は脚のみとする。
 
 価格:安いに越した事はない!

----------------------------------
上記条件からの候補を上げると意外に少なく

・GITZO トラベラーGT0545T又はGT0542T だがパイプ径がφ21程度
中華三脚の
・SIRUI T-2204XカーボンかT-2004X(アルミ)
・BENRO C0180TB00 パイプ径φ21 と自由雲台付き

上記でSIRUIだけが、パイプ径φ28で積載重量も15kgとなっているが
メーカーの公称積載重量なんて全くあてにならんので眉唾モノなのだが

この中からスッと決めるなら、ほぼ無条件でGITZOとなるが
価格が高過ぎる事もあるのと、webで調べると
SIRUIの評判が良く、尚且つGITZOの1/3の価格も大きな魅力となり
当初は候補に入れなかった中華制三脚が気になりだしてしまい
ここは自腹でテストしてやろうじゃねーか!というチャレンジングな思いもアリ

なんと
SIRUI T-2204X カーボンを導入する事にするのでした。

ただこの決定は2ヶ月程度ジックリ検討しての結果なのです。
それもこれも、仕様決めの段階でやっぱりハスキーが良く
セミショート4段雲台無しとか、3段雲台無しとかにどうしても
気になり、現状のままで行こうかと悶々と考え
当初考えてた目標設定値を下げての検討でSIRUIになった経緯があるのです。
この手はホンマ難しい!
車の買い替えなんて、パッとディーラーに入って2時間程度で試乗もせんときめてしまうのに(笑)

そしてそして、どうせ安く買うならトコトン安くすべく
並行輸入品を密林サイトでポチッ!

そして、クロネコが運んできたのがコレです。
d0336159_21240307.jpg
d0336159_21310624.jpg
並行輸入なので、中国語の表記が(読めん)

d0336159_21310616.jpg
ハコから出すと、ケースに入った状態で袋に入っている。

d0336159_21310600.jpg
このあたりが、中華クオリティ
乾燥材が爆発して中で飛びでてる。

d0336159_21310638.jpg
ケースはクッション性ありで使えそう。

d0336159_21310694.jpg
ケースの裏にはポケット付きだが
ジッパーが・・・・・
流石中華クオリティ(この後治りましたが)

d0336159_21310650.jpg
内容物はこれ
ケース、三脚本体、ストラップ(ケースにも三脚にも取り付け可能)
短いセンターポールと取説&保証書と六角レンチ
d0336159_21310678.jpg
六角レンチが入っているという事は、緩んだら締めなさいって事ですな
合格証って入っているが、これは入れてるだけです。
ケースのジッパーは検査したのか?
取説も入っているが読めん!
しかし写真と漢字があるので、何となくわかる(笑)

d0336159_21453493.jpg
脚は反対向きにたたまれており、くるっと反転すると
写真にように正しい形になる。

d0336159_21453400.jpg
なんか変なシールが貼ってある
キョンシーの顔に貼ってあるお札みたいなのでスグに剥がす
d0336159_21453591.jpg
取付部は太ネジがデフォ
丸い部分を外し、ネジ部分を逆さにすると細ネジになる。

ぱっと見た感じGITZOトラベラーのパクリですな
パクリもちゃんと形だけはしっかりパクッているので、変な水準器とか訳の判らん機能がついていないのが
まだ救いかと(笑)

あと
中華製で気になるのが、ネジの精度と材質
各部回してみたが、今のところは問題なし
ただ、ネジの鍍金はだめやろーなー中華鍍金は被膜が薄いのと鍍金槽の不純物を取り除いていない事
が多く、よく腐食するんだよなー
ただ、これは一見被膜がソコソコあるように見える。
これは長期TESTになるだろうから、そのうち判る。

今回はここまで
これは実践編まで、レポートしようと考えている。

やっぱりハスキーがエエわー  というか
これで十分というか
さてどうなるやら

by coffee8ban | 2016-09-15 23:30 | 写真機材 | Comments(0)