リバイバルトレインを2度撮る300Km超の追っかけ

写真が出てきたのでご紹介

コレかなり笑えるネタです。

1980年代当時、国鉄はとてつもない赤字でヒーヒーのフーフー状態であった
少々の事ではとてつもない赤字は解消できるはずもなく、1970年代は
毎年の如く運賃値上げを行っていたが、それも限界に来た頃に
増収策の一環で1979年に東京北局でミステリー列車「銀河鉄道999」が
運転、上野からアンドロメダという烏山線の烏山駅に走らせたが
この時の抽選倍率が80倍近くになり、これはイケると味を占めた国鉄
はその後、全国各地でミステリートレインを乱発するのであった。

余談だが、天鉄局(わかってると思うが、天王寺鉄道管理局ね)は
まさしく乱発であった、小中学生が休みになる春、夏は毎週の如く
走らせていた。

使用車両も天ワカに余りまくっていた、キハ58&28がメインで使用され
松本零士系のHMを付けていたが、当時はまったく写欲がわかず
ほぼ撮影していなかった。

しかしそれも飽きだされた頃に東京南局(だったと思う)で企画されたのが
1981年に運転された、リバイバルトレインつばめであった

つばめ、はとが電化時点と似たようなダイヤで運転したのと
電化当時と同じ機関車(といっても東京機関区の虎の子ですが)
学習院のJDをつばめガールコスプレさせて、添乗させた事もあり
マスコミで大きく取り上げられ、これまた大人気となったのである。
14系×12に編成真ん中にオシ14を入れた13両編成で、乗車率100%で
尚且つ、東京~大阪500km超なもんですから、それなりに旨みもあった事
もあり、その後第二弾「つばめ、はと」第三弾「平和」と運転されるのでした。

東京機関区のロイヤルエンジン牽引のリバイバルトレインという事もあり
俄然ヤル気になり、第一段から欠席する事無く、参加したのであった。

今回の特選!お笑いネタは、第三弾の平和でございます。

この時はリバイバルトレインも3回目と言う事もあり、追っかけを計画
一発目に迎え撃つのは興津~由比、
撮影後、新幹線で追っかける無謀な事を行い、山崎で再度迎え撃つ計画であった。
先ずは興津~由比の9001レ ※全て1983年7月24日

d0336159_21300607.jpg


これを撮影後、急ぎ撤収
東海道普電~新幹線→京都~普電で山崎

そして山崎(いわゆる阪急クロス)でとんでもないオチがまっていたのである。


d0336159_21301739.jpg
内線の新快速とモロ被り(笑)


あまりにも悔しいので
ベタ焼き風にしてしまった(ベタ焼きってわかるでしょ)

d0336159_21303539.jpg

あれから30年以上たつが、未だに悔しいわ

by coffee8ban | 2016-07-28 21:37 | 1980年代のモノクローム | Comments(0)

2016やまぐち 重連3

返しです。
いい具合に曇ったのでココです。
Qさま、又聞きですが場所情報ありがとうございます。
成果は・・・・・

d0336159_19335762.jpg
流れるねー


そしてそして、C56が撮りたくてお手軽に

d0336159_19340405.jpg
正確にはC56のキャブだったんですが・・・・・

こんな感じで1週目は終わるのでありました。

by coffee8ban | 2016-07-27 19:37 | やまぐち | Comments(2)

2016やまぐち 重連2

久々にココに来た
何年振りだろうか
しかし、ココは平和である
特にパ二る事もなく、しばし雑談の後
汽笛が聞こえスタンバイ

動画だとさぞかし面白い位、とにかく空転しまくりで
オイオイ大丈夫か?と心配になりそうなくらい
連続空転で、トンネルを出た時にはすっかり失速
サウンドはなかなかの迫力だったのでヨシとしましょ(笑)


ちょっと空が見えていい感じでしょ
d0336159_22175494.jpg



大引越なんで、お次の撮影地へ
前日の徳佐Sは車だらけでここは避け
こちらへ
d0336159_22190236.jpg
フツーですな


by coffee8ban | 2016-07-25 22:23 | やまぐち | Comments(2)

2016やまぐち 重連

2016年のやまぐちの重連運転日は5日程
その最初の週に田の付くお二人さんにお願いし
参戦させていただいた。

お水のT様、虎のT様ありがおうございます。

運転初日は二反田伐採俯瞰へ
久々にここに立ったが、切りっぱなしの大木がゴロゴロ
していると思いきや、大木を覆い隠すように山は再生しようとしている。
この地も後2~3年後には、整備しないと撮影できなくなる恐れがありますな。
2016年の重連ファーストショットは無難に撮影する。
d0336159_23063124.jpg
返しのQ522は重連が目立つショットでここへ
d0336159_23080248.jpg
色々あって、C57が前で新山口へ帰る。

こんなお手軽なところで撮影していることもあり
帰りがけの駄賃という事で、定番のここへ

d0336159_23101553.jpg
この日は楽しました(笑)

by coffee8ban | 2016-07-24 23:11 | やまぐち | Comments(3)

梅雨明け、そして夏本番のやまぐち3

場所を変えて、ザリガニ釣りを続行
日原に少々止まる事もあり、日原の先の順光になりそうな
田んぼ狙いで場所決め
田んぼの緑が美しいこの場所で、再び釣りを開始
ほどなく、近所の遮断機が鳴り出し
緑の風景に映える赤ザリが通過
d0336159_18323695.jpg
d0336159_18324689.jpg
追っかけもここまで

ここから少し北に行ったところに
道の駅日原があるのですが、NHKのドキュメント72ですっかり有名になった
秋田港のうどんの自販機と同型の自販機がココ日原にもあり
久々にうどん自販機で小腹を満たそうとしたが、この日は既に売り切れでした。
山口線にフライアッシュ輸送があった時にGWとか、お盆休みの月曜に休める
場合はよくこの道駅でマルヨし、夜中に空腹になったら、よくこの自販機で
うどんを買ったモンです。
まだ現役っぽいので、なにか嬉しさを感じるのでありました。

d0336159_21301916.jpg
ちなみにうどんとラーメンがあり、どちらも300円です。


by coffee8ban | 2016-07-18 21:31 | やまぐち | Comments(4)

梅雨明け、そして夏本番のやまぐち2

Q522撮影後、ある意味今回のメインでもある
夏のザリガニ釣りへ(この車両をザリガニと言っていいもんか疑問ですが
ザリガニの亜種と言う事で)

事前に情報を教えてくださった大御所のM様、お水のT様、木こり人K様ありがとうございます。

どういう事で、こんな車両がココを走るのかよくわかりませんが
いずれにせよ、山口線にはありえない車両という事もあり
それも、蒸気の走る日に運転という事もあり
Q522捕獲後はこちらも捕獲という事で、白井へ

Q522とザリが徳佐交換なので、ギリで白井到着
しばし待つ事5分程度
白井TNから勢いよく飛び出したキヤ143は
なんだか随分綺麗な車両である。
d0336159_18313807.jpg


d0336159_18314819.jpg
↑右が切れてるわけでは無い 画像をクリックしてください。


初めて見たのは、新製直後位の敦賀機関区で
それも見に行くとか撮影するのが目的ではなく
たまたま、目の前を通り過ぎただけで
撮影しながらではあるが、ちゃんと見るのは今回初めて

d0336159_18320700.jpg


d0336159_18322074.jpg
山口線にこの車両は違和感アリアリなのである。
この後、追っかけモードで久々の津和野より奥にいくのである。

by coffee8ban | 2016-07-18 18:35 | やまぐち | Comments(0)

梅雨明け、そして夏本番のやまぐち

結果的に梅雨明けになった、7月3周目のやまぐち
天気予報では散々な予報になっていた事もあり
同行のbamboo氏も日程変更を提案したが
前週の天気予報も予報通りにはいかず、晴れベース
でのお天気という事もあり、
半ば強引にお誘いして(スミマセンbambooさん)
現地へ向かう事に

Q521はT代Sへ
登ってる最中にパラっと雨になったが
曇りベースでGWに登った時とは違う、しっとり感のある
風景となった。
d0336159_17574488.jpg
d0336159_17575834.jpg

こんな感じです。


返しのQ522は珍客が下って来ることもあり
お手軽なところで押さえる。
d0336159_17580819.jpg
そして、この後
季節外れのザリガニ釣りへ
(この車両をザリガニと言っていいもんかどうかわかりませんが・・・・)

by coffee8ban | 2016-07-18 18:15 | やまぐち | Comments(0)

今朝のゲービ線

たまたま通りかかると
ゲービ線のキハが変なトコで止まっとる。


d0336159_21074703.jpg























車を脇に停めてみると、やっぱり止まっとる

d0336159_21082351.jpg























近づいてみると、乗務員室の扉が開いとる。
道路の左側には黄ヘル軍団が多数
d0336159_21091701.jpg























さらに近づくと、扉の下に作業中の手旗が突き刺さっとる。
なんか違和感あるなー

d0336159_21101564.jpg























ん!・・・・・・・・・・・

by coffee8ban | 2016-07-14 21:16 | その他 | Comments(2)

Galaxy Express その3

そして、1980年代までいっきにタイムスリップ

d0336159_20511004.jpg




















1979年 6月
宮原のエース53号機牽引の102レ




d0336159_20512885.jpg





















1983年頃
関西のマニアにはお馴染みの百山
まだ奥の方にマンションはない


d0336159_20514381.jpg





















1983年5月
20系の編成も今にして思えば長い


d0336159_20515042.jpg





















これは後ろを撮影
20系ってバックシャンだね(って意味判るかな?)


d0336159_20513534.jpg





















これはいわゆる救済臨
銀河51号です。
14系12bだが、あんまり人が乗っているような列車ではなかった。
やはり一晩座席は辛いわな



d0336159_20520001.jpg





















これまた関西のマニアにはお馴染みの塚本


d0336159_20520458.jpg





















これまた救済臨 銀河52号
たまに東京機関区のスノープラウ台座の無い
若番が入っていた。
この時代、救済臨で東京のゴハチがくるのも楽しみだった。
結構個性のつよいカマがいたからなー
しかし61は殆ど入らなかったと記憶している。
※その割に年末の臨荷レ(みかん臨)にはバシバシ入っていた。
許可を得て撮影

d0336159_20521158.jpg





















1985年1月1日
珍しく、宮原機関区特製の謹賀新年マークをつけてやってきた。
この年は宮機で3枚の謹賀新年マークを用意して
定期や臨に付けまくっていた。
宮機持ちの列車も銀河、きたぐに(勿論客車)ちくま(勿論客車)
があったので、楽しませてもらった。
臨もゴハチにマークをつけアチコチウロウロしていた。



d0336159_20521783.jpg





















特製マークを付けた、101レと1D
因みに101レはオサ着8:00で1Dは8:00発であったが
ほぼ101レが早着していたので、この並びは珍しくなかった。
1Dの方だがこの頃は閑散期には減車して9両編成もあったが
多客期は13両のトンでも長い編成だった。
因みに本州では最後のキハ80系列の食堂車営業列車だった。


d0336159_20522536.jpg




















そして、!Dが出発して編成があらわになる。



d0336159_20523594.jpg






















102レと505M(だったかな? 夜行の立山ですわ)
夜行の立山もオフシーズンはガラガラ
しかし、夏山シーズンは殺人的込み方だった。
夜行立山は23時過ぎに発車だが、シーズンには
大阪駅の中央コンコースに自由席乗車待ちの列が夕方から
できていた。

あっ そうそう
銀河の話ですね
マークいいでしょ!

スキャナーの取り込みが悪くザラザラになった。


by coffee8ban | 2016-07-12 21:31 | 1980年代のモノクローム | Comments(0)

Galaxy Express その2

急行銀河も廃止前までは、朝練のいい撮影対象でした。
休みの日に晴れそうであれば、少し早起きし
山崎あたりに、ブルトレ撮影に出かける事もよくありました。
コレがタマに運用に入ってました。
d0336159_19251532.jpg






















トワカニが入る事もしばし 



d0336159_19261965.jpg





















宮原回送線はオール青編成



d0336159_19274281.jpg






















米原付近にて、このあたりは夏至でないと撮影は厳しい



d0336159_19285141.jpg





















珍しく大雪になった山崎
こんな日はマニアも少な目(というか殆どいない)


by coffee8ban | 2016-07-08 19:30 | 東海道線 | Comments(0)