お花見メレンゲ(niagara)

天気が回復する予定だったが、結果はコレ
来る前にときおり晴れ間もありましたから
対岸のお花見もしましたよ(ってナンノコッチャ)
d0336159_16171244.jpg
d0336159_16171929.jpg
d0336159_16180034.jpg
d0336159_16183738.jpg
d0336159_16184595.jpg
d0336159_16185392.jpg
d0336159_16190334.jpg
d0336159_16191095.jpg
d0336159_16191721.jpg
帰りがけに
d0336159_16192401.jpg




# by coffee8ban | 2017-04-15 16:21 | 紀勢線 | Comments(0)

villa KOZA (wind and rain)

くる寸前で暴風雨

d0336159_21560279.jpg

d0336159_21561305.jpg


# by coffee8ban | 2017-04-11 21:56 | 紀勢線 | Comments(4)

カメラマニアの用語はよくワカラン

カメラマニアの用語で特にレンズに関しての用語は
何を言っているのかワカラン事がある。

いつしか、サンニッパなる言葉がでてきて
たしか2000年より以前から聞いた事があり、
超望遠の略称(?)でヨンニッパ、ゴーヨン、ロクヨン等の
焦点距離と解放値を組み合わせた言葉はあるにはあったが
いつの頃か大三元なる言葉もでてきた
この言葉を初めて耳にしたというか、記事で読んだのは
2008年の夏で
西暦まできっちり覚えているのは、頭の病気で長期入院した時に
相当な暇を持て余していた私に、嫁が週刊誌やら、月刊誌、鉄道雑誌
買ってきてくれて、その中のデジタルカメラマガジンで初めて
大三元なる略語というか、マニア用語を知ったのである。
広角、標準、望遠の2.8通しレンズの3本をこのような言葉であらわし
F4通しでの組み合わせは小三元ともいうらしい
(ここを閲覧している皆様はご存じでしょうが)
いまやこの大三元という言葉はメーカーも使うようになって
ニコンのHPでも使われるようになったくらい当たり前の用語になったらしい

ところがである
価格コムの口コミなんかみてると
ナナニッパなる言葉が登場していて、ふつーにこの言葉の意味するのは
700mm f2.8となるが、こんなモン発売されている訳でもなし
もしこんなとんでもレンズがあるとすれば、長さがフード含み1m以上
口径は250mm程度になるから、とんでもレンズで持ち運び不可能となるのだが
じつはナナニッパとは 70-200 f2.8 の事で,若いカメラマニア憧れのレンズを
焦点距離の下と開放値をとってナナニッパと親しみを込めて使っているらしいのだが
なんでも親しみを込めてこのような言葉を使いたくなるのは判らないでもないが
あまりこのような言葉が氾濫すると、何がなんだかわけがわからなくなる。



ハッキリいってよくワカランというのがオッサンカメラ使いの意見です。
あんまり新しい言葉を開発しないでー ついていけないから(笑)

# by coffee8ban | 2017-03-12 22:36 | 写真機材 | Comments(0)

鎧の袖

先日、久々に「鎧の袖」という言葉というか文字を見た。
そして、その鎧の袖の画像を見せてもらったが

んっ???

ワタシのイメージはコレなんだが・・・・・

この風景はもう無いのか????
WEBでも最近撮ったっぽいのではないなー

※ザラザラは差し引いてみてもらいたい(スキャンの設定を間違えてたようで)


d0336159_17062666.jpg
ここって、シャッタータイミングがめちゃくちゃ難しい
来そうな時間に、下手すりゃ10分くらい
線路を見続ける事になる。

写真は1986年頃 色がKRしてるなー

# by coffee8ban | 2017-03-11 17:14 | 1980年代のモノクローム | Comments(2)

1981年の大阪駅3、4番線の時刻表

スキャンデーター見てたら、こんなの撮ってたなー
っていうのが出てきた。

d0336159_20165662.jpg

大阪駅3、4番線ホームの時刻表
この写真、左側を撮影しておけば
関西-九州夜行とか東京-九州夜行の列車名が
あるんだよなー

多分、90年代後半には無くなっていたであろう
ホームの時刻表ですが、大きな駅にはどこでも
あったと思う。

これって見ての通りですが、乳白のデカイアクリルパネルに
裏から蛍光灯をあてており、
その表面に列車名やら時刻、番線、特記事項等を手書きで
短冊形状の透明アクリルに記し、一つ一つビス止めしていたんですね

時刻改正の前日の夜に、この表示の張替え作業が何処の駅でも
よくみられました。

この時代、ホームの列車表示もフラップ式(いわゆるパタパタ)
で、これが切り替わる際にとっくに廃止された列車名が一瞬でも見えると
お得な気分になったもんです。
この時代になかった、しおじ、つばめ、月光等々

d0336159_20170262.jpg
これはポートピア関連で雷鳥が三ノ宮延長された時のパタパタ表示


今やパソコンで入力するだけ
これ味があってよかったけどなー
この手の表示はパタパタが視認性も良く、雰囲気も好きでした。

# by coffee8ban | 2017-03-09 20:40 | 1980年代のモノクローム | Comments(0)