国鉄時代のお召整備

本物のお召仕様では無く、お召整備の5861です。
写真は1983年5月22日 米原機関区
七尾線でのお召列車運転の為、1号編成を北陸に回送する際
米原まで牽引したのが5861でした。

この当時、回送といえどカマはお召整備並に整備されておりました。
外観の塗装、屋上周りの整備磨きだし、帯の磨きだし、それどころか
足回りも塗装剥離の上、磨きだしが行われておりました。
但し、足回りについては本番は当然完全磨きだしの状態ですが
そのままではスグに錆びてしまう事もあり、グリス塗布されております。
お召後の5861が来阪する機会があれば、新大阪の近所の機関区(あそこです)に
よく見に行ったものですが、塗装されるまでの間は磨きだし部分にかなり厚く
グリスを塗布しておりまして10mm程度の厚さにコテコテに塗布されており
ピカピカの足回りがほぼ隠れるまでになっておりますが
※実際に触ったことがあるが、指が埋まる位コテコテ
このお召回送の5861はグリスも薄くほぼお召装備と同一の外観をしておりました。

お召回送自体は近江長岡で撮影
撮影後、米原機関区に立ち寄ると何人かの仲間と合流し
許可を得てプチ撮影会となったのです。

機関区にお願いして、倉の中にしまっていた5861を出してもらい
パンは上げた状態にして、撮影したのがこの写真です。

d0336159_14271647.jpg






















足回りがイイかんじでしょ


d0336159_14274389.jpg





















2エンド側



d0336159_14284014.jpg




































写真からも足回りのグリスが塗布されている事がわかるが、しっかり磨きだしがみえている。
磨きだしと銀色塗装は全く別物ですな、やはり磨きだしが美しい
全検 55年 大宮工になっています。
因みに握り棒は116号機のモノらしいです。

d0336159_14290478.jpg
1エンド正面
ヘッドライトも点灯状態
運転席の水切りが修正される前の姿です。(ワイパー部分がΩになっている)
左後ろのP形も気になるってか(笑)この当時はゴロゴロしてたので、まともに撮影してません。

また、このような美しい姿を見たいモノです。


Commented by DF501C571 at 2016-01-10 22:07
今見るとカッコイイね!
当時の鉄は短かったので色々知る前に辞めちゃったからね…汗w
58は駅でのsgの蒸気がいい雰囲気を出していたのを思い出します。
それと…正面からではポイントを通る時に前がガクガクとなるのが
面白いというかカッコいいというか…独特でしたよね。
それと、こうやって機関区に入って撮れるなんて今では考えられない
ことですからね~w
いい写真です!
Commented by coffee8ban at 2016-01-11 21:13
> DF501C571さん
当時もカッコ良かったですよ(笑)
新型電機と違って、旧型電機は足回りが特徴的なんですよね
それと、このカマは走り装置が長く先台車がついているので、
ポイントを渡るときは独特の動きをしてましたわ

当時はブルトレ関連の機関区やら客車区(宮、東、大ムコ、南シナ、大ミハ、北オク等)
以外は案外OKでました。
大阪府八尾市にあった、ドラゴン機関区(58や15のいた、アソコです)
も口の悪いオッサンがいましたが、見て見ぬフリしてくれたりして(爆)
でも80年代中頃からはどこも入れてくれなくなりましたけどね。
今は絶対ムリですな
古き良き時代でした。
by coffee8ban | 2016-01-09 15:20 | 1980年代のモノクローム | Comments(2)

鉄やその他色々


by coffee8ban
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28