武田尾界隈3

その3である。

d0336159_20080227.jpg
前回の凸凸+12系のカラーバージョン
この時代は勿論KRで撮影
ロット毎に感度が微妙に異なるややこしいフィルムであった。
わざわざ、心斎橋のカメラのナニワとか梅田のドイ、大林とかにフィルム買うついでにデーターシートも
付けてもらった。
中学~高校くらいに時期は梅田の大阪駅前第3、4ビルによく中古カメラを見に行ったものです。
16才の時にNikonデビュー(それまでcanon)した際のF2フォトミックも増殖しまくった単焦点レンズ群も、その殆どは
この界隈で手に入れた。
とにかく中古カメラ店が多く、めちゃくちゃ楽しめた場所でした。
いまでもあるのかな?
大阪駅直下の八百富カメラは、時間があるとちょっと寄り道して見に行くが
大阪駅前第3、4ビルまではすっかりいかなくなった。

懐かしついでに
当時(1980年代)モノクロフィルムやら印画紙、現像液等々の写真材料はよく心斎橋のカメラのトダで購入した。
大阪では有名なカメラのナニワのCM「大丸、そごうの間を東へ50歩のカメラのナニワ」をさらに50歩あるいて角を右に曲がると
カメラのトダがあった。
さらにそこから50歩あるいて、角を右まがり50歩あるくとカメラのドイがあった(笑)

※この時代のカメラ屋は店の表記がカタカナがトレンドだった。

とにかく激安で、長尺モノクロフィルムを適当にパトローネに入れてワゴン販売していた、関西唯一の店舗でした。
そのカメラのトダも店舗がなくなり、ネット販売にシフトしていったが、2000年代初めにトダのネット販売で
バケペンの300mmEDレンズ(価格はよく覚えてるぞー 30万(笑))を購入して後、少ししてネットショップも無くなり
会社自体も無くなったようです。
1980年代はあの狭い店舗に人だらけだったのですがねー(関西在住の人にしかワカラン内容ですな、スミマセン)
昔話はさておきつづき


d0336159_20084998.jpg
これは80系時代のまつかぜ
前から3両目にキシ80もバッチリ繋がったいた(モチロン営業中)
大阪口のキハの特急もこの博多行き まつかぜはやたら長かった
繁忙期は13両でしたからねー
1970年代の大阪~九州の昼行特急並の長さでした。

d0336159_20090544.jpg
時代がバラバラ
これは12系が普通格下げしだした時期の普通列車
マニ50もちゃんと繋がってます。
後ろの高架橋は中国自動車道
山陽道がまだなかったので、やまぐち行きと言えばこれを通ってました。
まだ北房から先が片側1車線だったり、途中に山崎バリアなる検札場もありましたな(みなさん覚えてるでしょ)


d0336159_20091189.jpg
旧武田尾駅
腕木信号は現役です。
駅長室のとなりに転轍器を操作する小屋があり、電動式でもなくスプリングポイントでもなかった為
しょちゅうガッタン、ガッタンと動かしていた。
みかけはローカル線の山間の駅だが、列車本数はかなり多く忙しくしていた。

d0336159_20100048.jpg
これは新武田尾駅付近から見た旧武田尾駅
大阪駅から1時間程でこんな風景に出会えた。

その4につづく

by coffee8ban | 2018-07-18 21:06 | 1980年代のモノクローム | Comments(0)

鉄やその他色々


by coffee8ban
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31